ソーシャルワーカーとケアマネジャーの違い

ソーシャルワーカーとケアマネジャーの違い先日船橋市の高齢者施設にて

「ソーシャルワーカーさんとケアマネジャーさんの違いはなんでしょうか?」

と質問を頂きました。

 

その方は病院に入院している時にソーシャルワーカーさんに相談し、介護がついたらケアマネジャーさんになったそうです。

内容としては、ソーシャルワーカーさんは退院してからの通院や転院などの紹介や手続きをしてくれます、

ケアマネジャーさんは、介護サービスの計画をたて、デイサービスや杖などの介護器具を貸し出し業者の紹介などをしてくれています。

似たような仕事に見えるのですが、実は資格としても仕事内容としても別な事をしているのです。

 

そこで、ソーシャルワーカーとケアマネジャーの違いについて簡単にですがお伝えします。

 

 

【資格について】

ソーシャルワーカーは、職業名に資格があるわけではありません。

一般的には国家資格である「社会福祉士」という資格をもって働いている人を言います。

 

ケアマネジャーは、よくケアマネと略されて呼ばれる事が多いのでそちらの方が耳に残っている人も多いのでは。

正式名称はケアマネジャーではなく、「介護支援専門員」と言います。

でもケアマネジャーでも全然かまわないと思いますけれども。

資格としては、介護保険法に基づく資格になっていて、各都道府県が実施している「介護支援専門員実務研修受講試験」を合格し資格取得した人の事を言います。

 

 

【仕事内容】

ソーシャルワーカーの仕事は、病気やケガ、高齢者や障害を抱える人、そしてその家族のために、日常生活を送る上での不安や困っている事を支援することです。

介護分野だけでなく、社会福祉全体に関わっていく仕事なのが特徴です。

 

ケアマネジャーの仕事は、要介護認定を受けた人やその家族に介護サービスの

要介護認定の書類作成を行ったり、要支援の方、要介護認定の方、そしてそのご家族の方の相談を受け、その人に合ったケアプランを作成し、介護サービス事業者との連絡や契約、調整を行います。

ケアマネジャーは、直接介護を行いません。ケアマネが立てたケアプランを行うのは、介護職員になります。

ケアマネは、事業所から在宅に行っての提供もありますが、老人ホームなどの高齢者施設に配属されている場合もあります。
その場合には直接介護サービスの提供をする場合もあります。

 

【仕事場】

ソーシャルワーカーは、高齢者福祉施設や障害者福祉施設、医療機関、教育機関、行政機関などに勤務しています。

子どもから高齢者まで、幅広い年代の人に対しての仕事になります。

 

ケアマネジャー(ケアマネ)は、グループホームや有料老人ホーム、ケアハウスなど、さまざまな介護施設がケアマネジャーの就職先となります。

介護を必要とする高齢者や、その家族に対しての仕事になります。

居宅介護支援事業所や介護保険施設などの高齢者施設といった場所になります。